作家の村上春樹さん(70)が23日、パリの国立コリーヌ劇場で開かれた読者との交流会で、質疑を通して約650人の参加者に、小説を書く意義などについて存分に語った。冒頭、英語で短くあいさつしたほかは、通訳を介して日本語で話した。主なやりとりは以下の通り。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます