米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画をめぐり、名護市辺野古沿岸部の埋め立ての是非を問う県民投票で反対票が72%超となったことを受け、安倍晋三首相は25日朝、「投票の結果を真摯(しんし)に受け止め、基地負担軽減に向けて全力で取り組んでいく」と述べる一方、「(移設を)これ以上先送りすることはできない」として、引き続き移設工事を進める考えを示した。首相官邸で記者団に語った。岩屋毅防衛相も同日午前、「工事は進めさせていただきたい」と明言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます