中国の史書「魏志倭人伝」が記す弥生時代のクニ「奴(な)国」の中心とされる福岡県春日市の須玖(すぐ)遺跡群で、「錨(いかり)形鉄器」と呼ばれる特殊な遺物が同市教育委員会の調査で出土していたことが25日、わかった。弥生時代後期(紀元1~2世紀ごろ)とみられ、国内初の発見。奴国が海外と深く交流したことを…

無断転載・複製を禁じます