不正調査が続いた「毎月勤労統計」をめぐり、厚生労働省の特別監察委員会(委員長=樋口美雄・労働政策研究・研修機構理事長)は27日にも追加報告書をまとめ、公表する。2018年1月にひそかに始めたデータ補正の動機にどこまで迫れたかが焦点だ。さらに同じタイミングで実施された調査手法の変更については、首相官邸の関与を疑わせる関係者の動きが次々と判明し、国会の論戦の的になっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます