がんとの共生社会の実現を考える「ネクストリボン2019」(朝日新聞社、日本対がん協会主催)が、「世界対がんデー」の4日、東京都内で開かれた。シンポジウムとトークイベントがあり、計約1200人が参加した。シンポでは、がんの治療と仕事の両立支援について、専門家やがん体験者、企業の代表が講演。パネルディスカッションで議論を深めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます