慶応大学病院(東京都新宿区)は、昨年8月、体重268グラムの男の子が生まれたと、26日発表した。栄養の管理などを受けて3238グラムまで成長、大きな合併症もなく、今月20日に退院した。元気に退院した男の子では、出生時の体重が世界最小という。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます