産科医不足が全国的な問題となる中、通常分娩(ぶんべん)を助産師のみが担う実践で、長野県諏訪市の諏訪赤十字病院が全国屈指の成果を上げている。産科医がハイリスクの出産に専念でき、助産師も力を発揮できる一石二鳥の試み。助産師のリーダーの1人は「助産師だけで出産を担う率でいえば、おそらく日本一」と胸を張る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます