海外に留学した大学の学部生のうち、滞在が1カ月未満の「短期」が3分の2近くを占めることが、朝日新聞と河合塾の共同調査「ひらく 日本の大学」でわかった。金銭的負担や就職活動への影響を懸念して長期留学を敬遠する学生が多いとみられ、大学側は短期留学に力を入れている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます