「毎月勤労統計」の不正調査を検証していた特別監察委員会が、追加報告書でも厚生労働省の組織的な関与や隠蔽(いんぺい)を認めなかった。ただ、どれだけ調査が尽くされたかには疑問が残された。調査手法変更への首相官邸の影響も検証せず、野党からは批判が相次ぎ、与野党の論戦が収まる気配はない。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます