自宅で女性に性的暴行を加えたとして、強制性交の罪で起訴された俳優の新井浩文被告(40)について、東京地裁は27日、保釈を認める決定を出した。東京地検は同日、決定を不服として準抗告したが、地裁は棄却。新井被告は500万円の保釈保証金を納付して保釈された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます