北野天満宮が馥郁(ふくいく)とした梅の香りに包まれる頃、門前の花街(かがい)・上七軒(かみしちけん)では、春の踊りの公演「北野をどり」に向けた芸妓(げいこ)・舞妓の稽古が佳境を迎える。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます