入居者が相次ぎ死亡した鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」が2月いっぱいで閉鎖した。ほぼ同時期に介護職員が全員退職し、夜間は施設長が一人で対応していたという。夜間、老人ホームの介護はどんなものなのか。現場を訪れ、課題を考えた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます