福井県の若狭地方に春の訪れを告げる伝統行事「お水送り」が2日、小浜市の若狭神宮寺や遠敷(おにゅう)川であった。遠敷川の「鵜(う)の瀬」では、かがり火に照らされた川面に、僧侶が香水(こうずい)を注ぐ様子をたくさんの見物客らが見守った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます