東日本大震災から8年。福島県のある女性は避難先で自宅を再建し、ふるさとから離れて暮らしている。「家を建てたのに気力が出ない」。いまも抱える苦しい胸の内を明かした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます