外国人技能実習生の実習環境が課題になる中、岐阜県関市の建材加工・販売会社「トマト工業」で働く外国人技能実習生とインターン生が、宿舎や働く作業現場などに風呂やシャワーがない実習生が使うことを想定した屋外常設型のシャワールームを共同開発した。「仕事で疲れても、せめてシャワーくらいは心休まる時間を過ごしてほしい」との思いを込めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます