「仰げば尊し」を歌いながら、気づけばほおを涙が伝っていた。勝又愛梨さん(20)は5日、宮城県大崎市の准看護学校を卒業した。春から、正看護師になるための高等看護学校に進む。いまも行方がわからない曽祖父母と2人のいとこを思い浮かべた。あの日から抱いてきた夢にちょっと近づいたよ――。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます