東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県釜石市鵜住居町に、津波被害の記録を後世に伝える施設「いのちをつなぐ未来館」が完成し、23日から公開される。すぐ隣には160人以上が犠牲になった鵜住居地区防災センター跡地に追悼公園「釜石祈りのパーク」があり、市は一帯を震災伝承や防災学習の拠点と位置づける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます