北海道稚内市の市街地に出没するエゾシカの捕獲作戦がこの冬は大苦戦で終了した。原因は少雪。ササが雪の上に出てきて活動の妨げになった。越冬地の裏山での市による一斉捕獲は、3回で計14頭で終わり、昨冬の2割に満たなかった。道も小型囲いわななどで市の捕獲を支援したが、こちらも目標を大きく下回った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます