女子サッカーの米国代表選手ら28人が8日、男子代表との間で待遇格差があるとして、米国サッカー連盟に是正を求める訴えをカリフォルニア州の地方裁判所に起こした。女子代表はワールドカップ(W杯)で3度優勝し、世界ランキング1位。同25位の男子代表より好成績を残しているのに待遇が低いのはおかしいなどと主張している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます