あの日を語っていいのだろうか――。宮城県東松島市で東日本大震災に遭った茨城大3年の佐々木侑太さん(21)は、被災後の数年間、モヤモヤした思いをずっと抱えていた。自宅は津波の被害を免れ、両親と2人の兄は無事だった。「被害が少なかった自分は、震災を語る資格がないのでは」。その考えは、一昨年に始めた被災地ボランティアの活動で変わった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます