豪雨や地震など災害に遭った地方の鉄道が長期運休している。現在、七つの災害によって9路線で不通が続き、うち3路線は復旧の見通しが立っていない。元々採算が厳しかった鉄路に災害がのしかかった格好だ。被災地の再建を考える上で鉄道の存否は重要なポイントであり、各地で試行錯誤が続いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます