アフリカ東部エチオピアの首都アディスアベバ郊外で10日、乗員・乗客157人を乗せたエチオピア航空の旅客機(米ボーイング737MAX8型)が墜落した事故を巡り、中国民用航空局やエチオピア航空は11日、同型機の使用停止を決めた。昨年10月にはインドネシアで同型機の墜落事故が起きており、同国政府も安全性を調べるため、同型機の運航停止を決めた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます