ゲイ(男性の同性愛者)であることを同級生から同意なく暴露(アウティング)された一橋大大学院の男性(当時25)が2015年、大学の建物から転落死した。遺族が「被害を申告した後の対応が不十分だった」として大学に損害賠償を求めた裁判の判決が2月27日、東京地裁であった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます