東京・日本橋の高島屋では、東京芸術大教授で日本画家の手塚雄二(66)の個展が18日まで開かれている。約70点が並び、目玉は明治神宮から依頼を受けて制作した全長約7メートルの「明治神宮内陣御屏風(ごびょうぶ)(日月四季花鳥)」。約100年ぶりに新調される、明治天皇の御霊(みたま)を安置している内陣の…

無断転載・複製を禁じます