物言う株主「村上ファンド」の代表として知られた村上世彰(よしあき)氏が、子どもたちに投資を体験してもらおうと、投資の元手資金を分け与える取り組みを始めた。自らの財団から1人あたり最大10万円を与え、投資の経験を積んでもらう計画だ。村上氏は「自分の財産を使い切るつもりでやる。『金もうけ』は悪いことではないことを若い人に感じて欲しい」と話している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます