米国務省は13日、約200カ国・地域の人権状況をまとめた2018年の「人権報告書」を公表した。中国について、少数民族ウイグル族やほかのイスラム教徒ら80万から200万人以上が恣意(しい)的に収容所に入れられていると指摘。人権団体などの報告として、当局が収容所内で虐待や拷問、殺害を行っていると批判した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます