高校の授業料無償化の対象から朝鮮学校を除いたのは不当だとして、九州朝鮮中高級学校高級部(北九州市八幡西区)の生徒だった68人が国に慰謝料など約750万円を求めた訴訟の判決が14日、福岡地裁小倉支部であった。鈴木博裁判長(植田智彦裁判長代読)は国の除外措置に違法性はないとして、原告の請求を棄却した。原告側は控訴する方針。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます