舞踏カンパニー「山海塾」が4年ぶりの新作を、北九州芸術劇場(北九州市)で世界初演する。主宰の天児牛大(あまがつうしお)が一切出演することのない、初めての作品となる。稽古場で若手を見守る天児は「自分にもこれまでなかった経験。委ねることへのプレッシャーを感じる」と話す。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます