昨年の米中間選挙でテキサス州から旋風を起こした民主党の「新星」ベト・オルーク前下院議員(46)が、2020年大統領選の民主党候補者指名争いに向けて立候補することを表明した。支持者から「未来のオバマ(前大統領)」などと待望論が強まっていた。候補者が乱立するなか、ダークホース的な存在として流れを一気に変える可能性がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます