コーヒーの香りやベーコンの香ばしい匂いで目が覚める。そんな理想のような生活を可能にする朝食ロボットを東大生が開発した。開発のきっかけとなったのは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の一場面だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます