東京電力福島第一原発事故をめぐり、福島県から千葉県に自主避難した6世帯19人が、国と東電に計約2億4700万円の賠償を求めた訴訟の判決が14日、千葉地裁であった。高瀬順久裁判長は東電が4世帯9人に計約510万円の賠償を支払うよう命じる一方、国については「東電に津波対策を取らせなかったことは違法とい…

無断転載・複製を禁じます