鳥取市河原町の西郷地区にある市立西郷小学校(児童数36人)の6年生は今年度、地元の工芸作家が一人ひとりのために作ってくれたご飯茶わんで給食を食べていた。底の高台(こうだい)に自分の名前を彫っており、卒業後は、「世界に一つだけの自分の茶わん」を学校から家に持ち帰って使う。新年度の児童は人間国宝が制作したご飯茶わんも使う。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます