ニュージーランド南部のクライストチャーチ市で15日、イスラム教の礼拝所(モスク)で男らが銃を乱射した事件で、アーダーン首相は同日、死者が40人で、20人以上が負傷したと明らかにした。同市には日本人の留学生も多く滞在。当初、容疑者らが逃走していたとの情報もあったことから、学生を派遣している学校は安否確認など対応に追われた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます