エアコンから戦闘機まで幅広い製品を手がける三菱重工業。社運をかけるジェット旅客機「MRJ」の開発が遅れ、トルコでは原発の建設計画が暗礁に乗り上げるなど、次々と難題も浮かんでいる。6年ぶりの技術系出身トップとして4月に社長に昇格する泉沢清次常務(61)は、「巨艦」をどうかじ取りしていくのか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます