移民に寛容なニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチで15日、イスラム教の礼拝所(モスク)を狙った銃乱射事件が起きた。容疑者とされる男は犯行の様子をカメラで撮影してネットでライブ中継し、自身の顔もさらしていた。犯行への関与が発覚することを恐れず、中継したのはなぜなのか。刑事事件の捜査に長く携わり、犯罪者の心理に詳しい元大阪府警科学捜査研究所長の松野凱典さん(74)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます