橋本治さんに初めて会ったのはデビュー作『桃尻娘』シリーズを読んで「同世代の凄(すご)くておかしな書き手、あらわる!」「(ヒロインの)榊原玲奈ちゃんは私だ!」とばかり興奮、雑誌ライターとして練馬のお家を訪ねてインタビューさせてもらった。もうザッと四十年ほど前。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます