高齢者から若者までの世代を超えた交流の拠点づくりに、日本福祉大学の学生らがキャンパスがある愛知県美浜町で取り組んでいる。町は少子高齢化で減った地元の若者が担っていた役割を補完する動きとして注目。21日に初の本格的な交流イベント「みんなで食べよう会」があり、学生らは若者の参加を広く募っている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます