広島原爆の残り火を、長崎の被爆3世の中学生やカナダ在住被爆者で2017年のノーベル平和賞授賞式で演説したサーロー節子さん(87)らがローマ・カトリック教会のフランシスコ法王に届ける。20日にバチカンで謁見(えっけん)し、核廃絶への思いを伝え、「争いの火が生まれないように」との願いを込め、火を吹き消…

無断転載・複製を禁じます