六甲山の裾野に位置する兵庫県西宮市北部に、丈夫で光沢に富む上質和紙「名塩紙(なじおがみ)」の里がある。手漉(てすき)和紙の重要無形文化財保持者(人間国宝)は全国で2人。その1人が「名塩紙」を生産する谷野武信さん(83)だ。技を受け継ぐ次男の雅信さん(48)が工房「谷徳製紙所」で和紙を漉く。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます