「顔の見える新聞」とはどんな新聞でしょうか――。朝日新聞社は「あすへの報道審議会」を2月23日、東京本社で開きました。淡々と事実を伝える記事。記者を前面に押し出して共感を広げる記事。求められる新聞のあり方について、読者とパブリックエディター(PE)=キーワード=が本社編集部門と話し合いました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます