陸上男子短距離の“ビッグ3”が始動する。100メートル日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)とケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は豪州で、昨年のアジア大会で銅メダルを獲得した山県亮太(セイコー)は米国で今週末、初戦を走る。今秋の世界選手権、来夏の東京五輪に向けて、大切なシーズン開幕となる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます