特殊詐欺の被害者のキャッシュカードを使って昨年8月、現金約1億円を引き出したとして、警視庁は当時19歳だった茨城県阿見町の無職の女(20)を窃盗の疑いで逮捕し、19日発表した。「指示役からカードを受け取り、引き出した。金は指示役に渡した」と容疑を認めているという。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます