少人数による楽器の重奏を競う21日の全日本アンサンブルコンテスト(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の高校の部に、熊本県立盲学校アンサンブル部が出場する。全盲や弱視の生徒7人が、12種類の打楽器を奏でる。「一つの映像が浮かぶような音を届けたい」。生徒たちの思いだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます