2020年東京五輪・パラリンピック招致を巡る買収疑惑が明らかとなってから約2カ月。続投を望んでいた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が退任する意向を表明した。その背景には国内外の圧力がある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます