大災害に見舞われた被災地で、派遣された医療関係者が現地の言葉が分からずに困惑する。こんな事態を避けようと、高知大学教育学部の岩城裕之准教授(47)=方言学=が「災害時医療者のための方言のてびき」を作成した。南海トラフ地震を想定し、高知県と徳島県の計4町の地域に対応している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます