炊飯器でコメを炊く習慣がなかったインドに約30年前に参入し、一から市場をつくり上げてシェア5割と首位になったパナソニック。水も電気もない荒野で工場を立ち上げたが、売れない日々が続いた。いまは世界44カ国に輸出するハブ工場に成長。背景には、炊飯と同時に別の料理ができるトレーを開発するなど、地道な努力の積み重ねがあった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます