高松商の選手らは20日、阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で公式練習に臨んだ。中学から同じチームで二遊間を守る大塚慶汰遊撃手(3年)と谷口聖弥二塁手(2年)も、「最強二遊間」と刺繡(ししゅう)を入れたおそろいのグラブで、甲子園の雰囲気を味わった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます