豊臣秀吉(1537~98)が築いた大坂城の三ノ丸跡(大阪市中央区)で、大名屋敷とみられる大型建物跡がみつかった。大阪府教育委員会と府文化財センターが20日発表した。出土した家紋が入った瓦などから、秀吉配下の武将だった佐竹義宣(よしのぶ、1570~1633)の屋敷地との見方が強まっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます