法務省は22日、日本に在留する外国人の数について、2018年末時点で273万1093人となり、4年連続で過去最多を更新したと発表した。17年末より16万9245人(6・6%)増えた。在留資格別では、「技能実習」の人が5万4127人増え、初めて30万人を突破した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます