太平洋戦争で激戦地となった硫黄島(東京都小笠原村)で23日、日米合同の戦没者慰霊追悼顕彰式が開かれた。島での戦死者は日本が約2万1900人、米国が6821人とされる。戦闘から74年たった今も1万柱以上の遺骨が見つかっていない「時間が止まった島」だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます